チームを勝利に導く重要なサッカーの監督の仕事

サッカー監督

サッカーチームが強くなるかは選手一人一人の能力もそうですが、監督がどれだけチームを上手く指揮出来る能力があるかによっても違ってきます。また、能力が高い選手を選ぶことも監督の仕事ですから、チームの成績に対する最終責任は全て監督にあると言えるでしょう。ここでは監督の役割と重要性を、試合を采配することと選手に自分の哲学を広めることの2つの観点から見ていきます。

まず、自分の哲学を広めるということですが、それぞれの監督は自分なりの哲学を持っています。走り込むことを重視するか、パスを頻繁に回すことを重視するかなどチームによってプレイスタイルは違いますが、これは監督の考え方に選手やチームが影響を受けるからでもあります。そのため、非常に能力が高い選手が居ても、その監督が考える戦術に合わなければマッチしたポジションが見つからないということもあり得ます。また日頃の練習メニューも監督によって大きく変わりますから、練習内容もチームレベルが上下することに繋がっていきます。良い成績を残すには、こうした内容と監督と選手に一体感があるかどうかが鍵になってくるでしょう。

もう一つの監督の重要な仕事は試合を采配することで、ミーティングや練習で戦術を決めても試合で上手く行かない場合にその場で修正します。的確な指示を出してもその場の指示だけで流れを変えることが出来ない場合は、その危機を乗り越えることが出来そうな選手に交代することも戦術です。この選手交代をすることでチームに勢いが出てくることもあります。このようにチームの強さには監督の考え方や采配の仕方が大きく影響してくるのです。