Jリーグのレベル 日本代表は国内組・海外組どちらからでも狙える

サッカーボール

プロサッカー選手にとって、日本代表に選ばれて、ワールドカップなど世界の大舞台でプレイすることは1つの目標でもあります。

自分の実力を磨くために、海外のクラブチームに挑戦する人が増えてきて、日本代表の選手を選ぶ時にも、国内組・海外組という言葉が出来上がりました。そのため、海外でプレイすれば日本代表に選ばれやすくなると思われるかもしれませんが、答えは、ノーです。

潜在能力などで比較すると、海外組の方が高いかもしれませんが、そこは勝負の世界です。なにより結果が求められるので、海外のチームに所属できても試合に出られなかったらアピールはできません。

その点、Jリーグでも不動のレギュラーとして活躍していれば、自然と周りの目に留まるようになります。なにより、Jリーグ自体が海外のスター選手もプレイするようになってきているので、全体のレベルが上がりつつあります。そこで、フォワードだったら点を量産する、ディフェンダーがだったら、点を与えない・相手との1対1の場面で負けないなど、結果を残すことが重要になるのです。

国内組と海外組という呼び方で区別されますが、日本代表に選ばれる基準に違いはありません。日々、熾烈な争いが繰り広げられています。

実力